Category Archives: ニキビ跡

ニキビ跡を治す為にはスキンケアは保湿重視です

思春期になると、ニキビが顔に出来ることがあります。
遺伝的にニキビが出来やすい体質の人もいるのです。
すぐに治るだろうと放置していたら、ニキビ跡になってしまったと悩まれる人もいます。
なるべく触らないようにしましょう。
ニキビが酷くなると、赤みが残る可能性が高くなります。
酷い時には、クレーターとなって肌に残る場合もあるのです。
ニキビの炎症によって、真皮が傷つけられて肌に残ります。
表皮にはターンオーバー機能が働いていますが、真皮はターンオーバーの機能が働きません。
ニキビ跡を治す為には、長い時間が必要となります。
しかし、諦めなくても大丈夫です。
適切なケアを続けていけば、目立たなくなります。
ニキビ跡が出来た時には、保湿重視のスキンケアにしましょう。
洗顔をした後には、ビタミンC誘導体の含まれる化粧水でイオン導入をお勧めします。
保湿をすることで、肌にハリが生まれるのです。
デコボコした部分を目立たなくさせる為には、毎日のお手入れは必須と言えます。
自分でスキンケアをしていても、良くならない時には美容クリニックに行きましょう。
治す為には色々な方法があります。
そこまで酷くない時にはケミカルピーリングが良いです。
古い角質を薬剤で溶かし、徐々に滑らかにしていきます。
クレーターのようにへこんでしまっているなら、コラーゲンの活性化が期待出来るレーザー治療をお勧めしたいです。
ダウンタイムもありますが、肌の細胞を活性化させて修復させます。

ニキビ跡を治す為の改善方法

朝起きたら、ニキビが出来ていると思うことがあります。
思春期になると、皮脂腺が活発化して誰でもニキビが出来やすいです。
特に、遺伝的にニキビ体質の人もいます。
白くて小さなニキビなら放置しておけば治ることもあるのです。
しかし、指で潰さない方が良いと言われます。
ニキビ跡が残る可能性があるのです。
赤みが残ることもあれば、クレーターのように穴が開くこともあります。
このようなニキビ跡が出来てしまうと、すぐには治らないことが現実です。
改善する為にはどうしたら良いのか悩む人はいます。
まずは保湿ケアをすることが、治す為のポイントです。
ヒアルロン酸やプラセンタなどの美容液を塗りましょう。
肌を柔らかくする化粧水を付けた後に、イオン導入器を使用して美容液を浸透させると良いです。
治す為に大事なことは、肌のターンオーバーを整えることと言われます。
クレーターのように穴が開いていると、数年程かかる場合もあるのです。
すぐに治したいと思うなら、専門の美容クリニックへ行きましょう。
古い角質を剥がすピーリング治療やレーザーの治療法があります。
メリットとしては、早く目立たなくなることです。
肌が滑らかになります。
しかし、デメリットとしては、高額な治療になることやダウンタイムがあることと言えます。
レーザー治療をすれば、肌を一時的に傷つけることになるので、肌に赤みが出たり皮がめくれるのです。
大事な用事がある時には、治療は受けない方が良いと言われます。

自分でニキビ跡を治すことはできる?

ニキビができた部分は炎症していて傷や色素沈着が起こってしまいがちです。これがニキビが治った後に残るニキビ跡です。種類によっては半年から1年、一生治らないと言われているようなものもありますが、生活習慣の見直しを行うことでニキビ跡を自分で治すこともできるようになります。
ニキビ跡を治すには、肌のターンオーバーを正常化させることが一番の方法です。皮膚は肌の奥で作られてだんだんと肌の表面に向かって押し出され、最終的に垢になって肌から剥がれ落ちていきます。この時に色素沈着が起こった細胞がスムーズに押し出されるようになるとそれに合わせて自然とニキビ跡が消えていくことに繋がります。
そのためにはまず肌のターンオーバーを正常化させるためにしっかりと睡眠を取ることが重要です。人間は眠っている間に肌だけではなく内臓などの修復を行っているのですが、睡眠時間が足りなければそのための時間が不足してしまいます。肌の補修を行う成長ホルモンも午後10時~午前2時の間に多く分泌されていると言われているため、そのタイミングでしっかりと熟睡できるようにしておきましょう。また、肌の主成分となりターンオーバーを活発化させるたんぱく質や、美白効果高いことで知られているビタミンCを積極的に摂取するようにしましょう。また、美白効果がある成分は多くありますが、その中でもすでに出来てしまった色素沈着を改善していく効果があるビタミンC誘導体が配合された化粧品を使うのも効果が期待できます。