ニキビ跡でもう悩まない!徹底的に治す方法! > ニキビ跡 > ニキビ跡を治す為にはスキンケアは保湿重視です

ニキビ跡を治す為にはスキンケアは保湿重視です

思春期になると、ニキビが顔に出来ることがあります。
遺伝的にニキビが出来やすい体質の人もいるのです。
すぐに治るだろうと放置していたら、ニキビ跡になってしまったと悩まれる人もいます。
なるべく触らないようにしましょう。
ニキビが酷くなると、赤みが残る可能性が高くなります。
酷い時には、クレーターとなって肌に残る場合もあるのです。
ニキビの炎症によって、真皮が傷つけられて肌に残ります。
表皮にはターンオーバー機能が働いていますが、真皮はターンオーバーの機能が働きません。
ニキビ跡を治す為には、長い時間が必要となります。
しかし、諦めなくても大丈夫です。
適切なケアを続けていけば、目立たなくなります。
ニキビ跡が出来た時には、保湿重視のスキンケアにしましょう。
洗顔をした後には、ビタミンC誘導体の含まれる化粧水でイオン導入をお勧めします。
保湿をすることで、肌にハリが生まれるのです。
デコボコした部分を目立たなくさせる為には、毎日のお手入れは必須と言えます。
自分でスキンケアをしていても、良くならない時には美容クリニックに行きましょう。
治す為には色々な方法があります。
そこまで酷くない時にはケミカルピーリングが良いです。
古い角質を薬剤で溶かし、徐々に滑らかにしていきます。
クレーターのようにへこんでしまっているなら、コラーゲンの活性化が期待出来るレーザー治療をお勧めしたいです。
ダウンタイムもありますが、肌の細胞を活性化させて修復させます。