ニキビ跡でもう悩まない!徹底的に治す方法! > ニキビ跡 > 自分でニキビ跡を治すことはできる?

自分でニキビ跡を治すことはできる?

ニキビができた部分は炎症していて傷や色素沈着が起こってしまいがちです。これがニキビが治った後に残るニキビ跡です。種類によっては半年から1年、一生治らないと言われているようなものもありますが、生活習慣の見直しを行うことでニキビ跡を自分で治すこともできるようになります。
ニキビ跡を治すには、肌のターンオーバーを正常化させることが一番の方法です。皮膚は肌の奥で作られてだんだんと肌の表面に向かって押し出され、最終的に垢になって肌から剥がれ落ちていきます。この時に色素沈着が起こった細胞がスムーズに押し出されるようになるとそれに合わせて自然とニキビ跡が消えていくことに繋がります。
そのためにはまず肌のターンオーバーを正常化させるためにしっかりと睡眠を取ることが重要です。人間は眠っている間に肌だけではなく内臓などの修復を行っているのですが、睡眠時間が足りなければそのための時間が不足してしまいます。肌の補修を行う成長ホルモンも午後10時~午前2時の間に多く分泌されていると言われているため、そのタイミングでしっかりと熟睡できるようにしておきましょう。また、肌の主成分となりターンオーバーを活発化させるたんぱく質や、美白効果高いことで知られているビタミンCを積極的に摂取するようにしましょう。また、美白効果がある成分は多くありますが、その中でもすでに出来てしまった色素沈着を改善していく効果があるビタミンC誘導体が配合された化粧品を使うのも効果が期待できます。